ガラケーのレザーケース作ってみた

0
145

AUのガラケー【GRATINA】のケースをレザークラフトしてみました。

レザークラフトに使用した革は東急ハンズで販売しているモノを使用しました。



使用するパーツは表と前の2つだけです。まずはガラケーの表側に来る部分を切り取ります。



革を切り取ったら、水に濡らして柔らかくします。ガラケーの上に被せると形状が良い具合に固定されます。このまま乾燥するまで放置します。



こんな具合でガラケーの型になりました。



表部分と裏の部分を接着剤で固定します。念のため、クリップで固定しておきました。



接着が完了したら、穴を開けて手縫い。



出来立てのケースにガラケーを入れると、かなりキツめ。やや力を入れなければ入りません。しかし、使っていく内に革が伸びてくるので大丈夫。



専用の器具で穴を開け、ボタンを取り付けます。



余分な部分を切り取り、縁を磨いて完成。



形はイビツですがもっと練習してうまくなろうと思います。



今度はGRのレザーケースを作ってみようと思います!
関連記事
GR DIGITAL4オーダーメード革ケース完成から約半年経過
革製のGR Digitalケースをオーダーメイドしてみた
GR Digital Ⅳのオーダーメードケースが完成

レザークラフト スターターキット 手縫い用

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください