2012年7月13日

失われたデータをかんたん元通り!そうTime Machineがあれば




Time Machineでバックアップをとっておけば、万が一HDD,SSDのデータが失われる自体になっても、なんの心配もありません。

ディスクが正常に動くのであればいつでもカンタンにMacを元通りにできます。


では、Time MachineでとってあるバックアップをMacに戻す手順をご紹介します。
(Time Capsuleでバックアップをとってあります。)

手順1:Optionキー】を押しながら電源ボタンを押して起動



手順2:Time Capsuleにネット接続する

 手順3:【Recovery HD】を選択

手順4:【Time Machineバックアップから復元】を選択 

手順5:【続ける】をクリック

手順6:バックアップHDDを選択し【続ける】をクリック

手順7:バックアップデータを選択し【続ける】をクリック

手順8:元に戻したい日時【最新】を選択

手順9:MacintoshHDDを選択し【復元】をクリック

手順10:【続ける】をクリック

手順1〜10で復元作業は完了です。

復元が開始されます。

1TBで約6時間と表示されてますが
実際は3〜4時間位で復元は完了します。

バックアップが完了しました。
アプリケーションも元通りです。

 ログインが必要なアプリ(Gmail、ドロップボックス、Facebook)などは
ログインし直す必要があります。

メールアプリはデータをダウンロードし直すようです。

 Officeはプロダクトキーの再入力が必要です。

 バックアップ後、完全に元通りになるわけではないようですが
こんなもんではないでしょうか。


この情報を共有する

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...