Macのゴミ箱の中のファイルをを完全に空にするカンタンな方法

0
412

不要なフォルダやファイルを捨てた後、それらはゴミ箱に一旦移動します。ゴミ箱に移動しただけでは、ディスク容量は捨てる前と変わりません。

不要ファイルを捨ててディスクスペースを開けるにはゴミ箱のファイルを完全に削除する必要があります。



完全に消す作業をする時、「〜が使用中のため、操作は完了できません。」というアラートが出てきて、削除作業が中断します。
ファイルが膨大だと、いちいち項目を選択するわけにはいきません。



こんなときはMacのフリーデフラグソフトOnyxを使います。
【クリーニング】→【ゴミ箱】→【削除】→【実行】これで、ファイル削除確認のアラートを出すことなく完全にファイルを消し去ることができます。


定期的な不要ファイル削除でMacをクリーン&整理整頓しておきたいものですね。

APPLE MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください