X-T1新製品発表会セミナーに参加してみた。

0
246

Fujifilm X-T1の画像

昨日の記事

X-T1とX-E2を比較してみた

の続きです。

今回は『X』新製品(X-T1)

赤城耕一氏のトークショーの内容をお伝え致します。
Fujifilm X-T1の画像

昨日の記事に1箇所訂正がございました!!

X-T1がバリアングル式と記載しておりましたが
正しくはチルト式です。
大変恥ずかしながら
液晶モニタが動けばバリアングル
だと思ってました(^_^;)
わかり易い説明記事が
monoXさんのページに記入されてました。
【バリアングル】 variable angle
下記、引用
『自由なアングルを設定できること。
デジタルカメラの液晶部分との接合に使用されているものを
バリアングル液晶という。
チルト機構が上下方面だけの可動であるのに対し
バリアングル機構は上下左右の可動が可能
チルト機構も広い意味でバリアングル機構と呼ばれることもある。』
皆様、大変申し訳ございません!
また、ご指摘していただきました方
有難うございます!

Fujifilm X-T1の画像

セミナールーム前には
X-T1を自由に触ることができ
X-T1に関して直接、富士の方に質問できる
スペースが設けられてました。
1階の方よりも
2階の方が比較的落ち着いて
触ることが出来る様子でした。
Fujifilm X-T1の画像
セミナー開始30分前ですが
人がざわざわ溢れかえっている様子でした。
小さいお子さんも何人かおりました。
フジのファンが
『父から息子へ、息子から孫へと
繋がっているのかなぁ〜』
なんて想像をしてました。
考え過ぎですね(^_^;)

Fujifilm X-T1の画像

整理券とパンフレット一式を頂きました。

Fujifilm X-T1の画像

袋の中身はこんな感じです。

・X-T1パンフレット

・X-T1発売記念キャンペーン申込み用紙

・Xシリーズ写真展案内

・Fujifilmのサプリ(試供品)

Fujifilm X-T1の画像

セミナーでおとなりに座られた

ダンディーなおじさん。

X-Pro1を手にしてました。

セミナーが始まるまで

ちょっと雑談してました。

『X-T1買いますか?』

の質問に即答

『買います』

との事。

Fujifilm X-T1の画像

こんな話をしました

『X-Pro1ってEVFとOVF変えられて便利ですよね』

と言ったら

『OVFしか使わないよ(・ω・`)』

とのことです。

理由は

追えないから。』

との事(^_^;)

X-T1ならファインダーが大幅に改善されているから

買うとのことです。

Xシリーズの

ファインダーのタイムラグ

に不満に感じていた人なら

買ってしまうカメラになりそうですね。

Fujifilm X-T1の画像

さて、雑談をしているうちに
セミナーが始まりました。

Fujifilm X-T1の画像

X-T1は全く新しいコンセプトのカメラ。
X-E1がX-E2にバージョンアップしたという
レベルではありません。
全てが変わりました。
このセミナーの開発担当の方の話を聞いて
初めて知ったのですが
富士はファインダーにこだわりを持っている。
という事。
丸型
赤城さんはこのファインダーを
とても気に入っておられました。
『メガネをかけたままでも
覗きやすい』みたいです。

台形
あの台形のフレームの中には
細かいことは分かりませんが
いろんな部品がパンパンに詰まっているそうです。
「三角だととても入りきらない。」
との事。
中央に設置
特に望遠を使っている時に
ファインダーの位置が横よりも
中央に設置されている方が
バランスが良く安定しやすいそうです。

Fujifilm X-T1の画像

ロードマップに登場したばかりの
望遠レンズを手にX-T1を開発した経緯を
熱く語ってました。

Fujifilm X-T1の画像

時折
赤城氏が他社のフルサイズと
フジのミラーレスを比較したコメントをしてましたが
なかなか笑えました。
仕事上、立場上いろいろ有りますよね〜(^_^;)

Fujifilm X-T1の画像

Xシリーズといえば高感度耐性
ISO6400で撮影したという写真
博物館のトラです。

Fujifilm X-T1の画像

これは欲しい。。。
XF56mm F1.2

Fujifilm X-T1の画像

『ポートレート撮る人はコレでしょ!』

Fujifilm X-T1の画像

セミナー終了時には
モックですが、未発売のレンズを実際に手に取ることが出来ました。

Fujifilm X-T1の画像

こうして見ると
ホントに小っさいですね。
コンパクトで操作がしやすく
ファインダーが綺麗
新製品が出れば繰り返し同じことを
言ってしまいますが
Xシリーズ史上最高のカメラですね(^^)
X-E2が出た時も同じこと思ってたなぁ。。。

Fujifilm X-T1の画像

約1時間のセミナーが終わりました。
『やれることはやりきった!』
という心に響く言葉
フジの開発陣の熱い思いがヒシヒシと伝わってくる内容でした。



Xシリーズの発表会には欠かせない

畳3畳分位ある特大写真

新しい製品が出ても

それを上回る製品が

必ず数カ月後〜数年後には出ますね。

『欲しい!と思った時に

欲しい物を

欲しいタイミングで買える』

やっぱりタイミングって大事だな〜

【関連記事】

FUJIFILM X-T1発表会

【カメラ,色,APSCのこだわり、フルサイズの考え方】

X-T1とX-E2を比較してみた

富士フイルム FUJIFILM X-T1【レンズキット】

前の記事X-T1とX-E2を比較してみた
次の記事X-E2で撮りためた実写
栃木県日光市出身。O型の水瓶座。都内のWEBクローラー開発会社に勤務。 WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、SEO、広告出稿関連業務、写真係を担当。 2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください