X-T1のファインダー情報表示について

0
337

0.005秒のタイムラグ

暗いところでも高速60フレームレートを

維持するファインダーを手に入れたX-T1

X-T1のファインダーの情報表示
GUI(グラフィックユーザーインターフェース)
を司るデザインを担当した佐久間氏から
その経緯を語っていただきます。

CPプラス2014FUJIFILM開発者トークショー
『今までのファインダーの常識を覆そう!』
という意気込みでX-T1を作った。
ファインダーGUI担当:佐久間氏
0.77倍という広いファインダーを最大限に活かした
表示デザインを作った。
表示モードには3つのモードがある。
1,視野角を最大限に活かした『フル表示』
2、従来の広さと同じ視野角の『ノーマル表示』
3、ピント位置の拡大と全体を同時に表示できる『2画面』
X-T1はフルとノーマル表示の時にカメラを縦に構えると
情報が縦に変わる『縦表示機能』が加わった。
『縦表示』はスマートフォンでは当たり前の機能だが
カメラでは有りそうでなかった。



上野氏
「いやいや。下から上に表示を見るのが好きなんだ!」
という方のためにこの機能をOFFにすることも出来る。
2画面モードのアイデアが出た時に、
フィルム時代からカメラをやってきた頭の固い人間には
出ない発想だなということを痛感した。
「せっかくファインダーが広いんだから2画面にしたらどうだ?」
というアイデアを採用した。
それ以外にも細かいところにまで
こだわって改良した部分がある。

X-T1のファインダー倍率について

佐久間氏
ファインダーの広さを活かすためアイコンを小さくしたというだけでは
カメラの機能として果たされていない。
ファインダーを広く見せるために、情報を端に寄せるのではなく
情報を直感的に把握できる事が重要。
全ては見やすさ、快適さのため。
カメラマンは長い時間ファインダーを見続けている。
ダイヤルや外観だけでなく、ファインダー内部(EVF)にも
細かなこだわりを持って作りこんでいる。
従来のアイコンとX-T1のアイコンの違いは
パッと見ただけでは分からない。
従来のアイコンはグラデーションが入っている。
X-T1はちょっと明るめのアイコンに変えた。

CPプラス2014FUJIFILM開発者トークショー
アイコン表示の改良

これは被写体を見ている時に

赤いアイコンがとても目立ってしまい

被写体ではなくアイコンに注目してしまう。

それはあってはならない。

目立ちすぎず、情報がパッと分かる色に変えた。

以上です。

Xシリーズは

外観は言うまでもないですが

ファインダーの中身、情報表示にまで

こだわりをもって作ってるんですね。

ベテランやプロの考え方だけではなく

若い方の新鮮な意見も

製品開発に活かされているんだなぁ〜と感じました。

縦位置情報表示なんかは

「縦にならなくて当たり前」だと思ってました。

しかし、当たり前だからこそ気がつかな事って多いですね。
【CPプラス2014の記事一覧】
CPプラス2014会場内の様子(その1)
2014CPプラス会場の様子(その2)
CPプラス2014富士フィルムブースにて
FUJIFILM開発者によるトークショー
X-T1のファインダー性能について
X-T1のファインダー情報表示について
X−T1の高感度性能について
CPプラスで会った人
X-E2のファインダーがX−T1と同じ表示タイムラグになる!?
SIGMA dpシリーズQuattro【気になるAPSCコンデジ】
SIGMA QuattroとGRを比較してみた
ハッセルブラッドのカメラ

富士フイルム X-T1【レンズキット】

前の記事X-T1のファインダー性能について
次の記事X−T1の高感度性能について
栃木県日光市出身。O型の水瓶座。都内のWEBクローラー開発会社に勤務。 WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、SEO、広告出稿関連業務、写真係を担当。 2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください