バッファローのThunderbolt HDD(1TB)レビュー|HD-PATU3

0
56

いまだに、価格が下がらないサンダーボルト対応のハードディスク
USBでしたら、1TBで5,000円なんて話も聞きます。
サンダーボルト対応のHDDは

  • LaCie
  • Gdrive
  • Western Digital

などなどありますが、軽く5万円を超える値段で

なかなか、てが届かないのが現状です。

しかし、安価(サンダーボルトの中では)に買えるサンダーボルトHDDが

ついに、、、出ました!

バッファローのミニステーション サンダーボルトHD-PATU3 シリーズです。

HD-PATU3は2種類あり

  • 1TB:3万1700円
  • 500GB:2万6400円

で購入可能です。

ちなみに、ヨドバシやビックカメラでは、29,800円で販売してたうえ、10%のポイント還元だったので、とてもお得に購入できます。

では、早速レビューしたいと思います。

こちらがパッケージ

中身です。

  • 本体
  • ThunderboltCable
  • USB3.0ケーブル

サンダーボルトケーブルがついているのはGoodですね。

ケーブルだけでも4,000円近くします。

USB3.0ケーブル

サンダーボルトじゃなくても、2.0に比べれば早い転送速度が期待できます。

同梱のサンダーボルトケーブル

未だに、サンダーボルトケーブルの値段が下がらない中で、バッファローさん太っ腹です。

本体、左右に

USB3.0とThunderboltの差込口

Appleを意識したであろう、無駄のないデザインです。

背面

こちらも極力、余計な表示がないようにシンプルに設計されてます。

MacにThunderboltケーブル経由でつないでみました。

つなぐと、ライトが光ります。



ThunderboltHDDの初期プロパティ
フォーマットは【MacOS拡張(ジャーナリング)】に設定されており
フォーマットし直さなくてもOKな状態です。



初期状態はHDDの名前が【HDーPATU3】なので
【Thunderbolt】に変更します。



全く無駄な作業ですが、HDDの名前に違和感があるので変更します。
(お好みで)



HDDをフォーマットし直すとアイコンが【白】からデフォルトの黄色に変わりました。
アイコンは【白】の方が良かったですね。いまさら遅いです。



次の記事ではどれくらい早いのか、動画でご紹介しますので
ぜひご覧ください。
↓動画編
【動画あり】Thunderboltの転送速度は本当に早いのか?試してみた




コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください