GRで重機を撮影してみた。

2
185

GR Photo

実家で庭の改造しており
重機が置いてあるので良い被写体になると思い
撮影してみました。

キャタピラは重機の大好きなパーツの一つ。

大きく ぶ厚く 重く そして 大雑把すぎた それは 正に 鉄塊

っと何処かで聴いたようなフレーズ。

GR Photo 1

操縦席に乗り込んで撮影してみます。

GR Photo 5

F値:2.8

前ボケで撮ってみました

GR Photo 2

ラッパのマークのレバー

マクロモードで撮影

GR

操縦席から撮影した様子

F値2.8で撮影してみると

その被写体深度の浅さに驚きます。

焦点があっているレバーからカメラまでの距離は30〜50cmありますが

足元や背景がキレイにボケてます。

GRD4ではパンフォーカスになってましたが

GRはAPSCならではのボケが味わえます。

GR Photo 3

これは生コンを造る機材

土と水の分量が難しいらしい。

いきよいよく樽の部分が回転します。

GR Photo 4

レバーを回すと樽が起き上がる仕組み

原始的な装置ですが非常に面白い。

GR Photo 6

こういう歯車の部分て面白いんですよね〜

歯車がクルクル噛み合う様子が見ててあきません。

GR Photo 7

重機は使い込んだ跡やサビなどがあり
独特の味わいがあります。
モノの質感をGRで撮影するとPCのモニタで見た時に
ぐっと浮き立ちます。
普段、何気ないものでも写真で撮影してみると
新しい発見が出来るかもしれません。

// ]]>

// ]]>

前の記事GRでインパクトのある花の写真を撮影する
次の記事GRでネコを撮ってみた
栃木県日光市出身。O型の水瓶座。都内のWEBクローラー開発会社に勤務。 WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、SEO、広告出稿関連業務、写真係を担当。 2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

2 コメント

    • Ryoji Ochiさん

      どうもありがとうございまーす(*´ω`*)

      未だGRは手探りで操作方法を研究中ですよー。

      今はボケを活かすスナップ写真を練習してます(笑)
      今後もよろしくお願いいたします。

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください