重複するメタデータ(description)を改善する方法

0
63

サイトの健康状態を確認できるウェブマスターツール。ある意味、Googleアナリティクスよりも重要なツールです。

リンク切れや、構造化データチェック、被リンク数など検索ワード以外の項目も確認できます。

【検索デザイン】→【HTMLの改善】の中に、エラー項目を発見。

内容は重複するメタデータ(description)


スパムやリンクが見つからないというわけではないので、致命的なエラーでは無いですが修正してスッキリしたいですね。

まずはWordpressの SEO Packの【Advanced Settings】Remove Descriptions For Paginated Pagesにチェックをいれます。



重複するメタデータ箇所は大抵、同じURLパターンです。KB robots.txtでクロールしないようにDisallow設定をします。

設定が完了し、ウェブマスターツールに反映すれば『サイトでコンテンツの問題は検出されませんでした。』と表示されます。

サイトの改善をすることはユーザビリティの向上にもつながります。まめにチェックし修正する必要がありますね。

必ず結果が出るブログ運営テクニック100

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください