私がWordPressの高速化に使用したプラグインのまとめ

0
14


少しでも早くページを表示させたい!そんな願いを叶えてくれる便利なWordpressプラグインを紹介。プラグインの中には相性の悪いものもあります。高速化プラグインを入れたらレイアウトがズレたり、ページが表示されなくなったりと色々な不具合が出ることもあります。
一概に「このプラグインがベストです!!」とハッキリ言い切る事はできません。サイト構築環境によって、又は使用しているプラグインによって高速化できる場合とそうでない場合があります。これは実際に試してみないと成功か失敗かの判断ができません。また、万が一の時に備えて必ずバックアップを取ってから高速化を試したほうが安全です。
これからご紹介するプラグインは、私が使用したWordpress高速化プラグインの一覧です。
DB Cache Reloaded Fix
DBをキャッシュする時間を指定できます。ブログを更新する頻度にもよりますが私は半日の720分に指定してます。

MO Cache
WP File Cache

2つセットで使用するようです。言語ファイルをキャッシュすることで高速化させるようです。

WP-DBManager
DBを最適化してくれるプラグイン。スケジュール機能も付いているので自動化も可能。とても使いやすいプラグインです。

WP HTTP Compression

インストール→有効化で設定完了。

WP Hyper Response
インストール→有効化で設定完了。
WP Super Cache
一番効果があるような高速化プラグインはこれです。静的ページを自動生成してくれます。ページがパッと表示されるような気がします。

WP Widget Cache
ウィジェットをキャッシュしてくれるプラグインです。中にはキャッシュすることでうまく機能しないものもあるので、設定した際は注意深く挙動を確認したほうが良さそうです。

【不具合(エラー)により使わなかった高速化プラグイン】
Head Cleaner
問題なく高速化出来た!っと思いきや、Comment ImageReal-Time Find and Replaceが機能しなくなり使用を断念。ヘッダーのソースが綺麗になったり、自動でOGPタグを追加できたりと色々有難いPluginだっただけに残念。
W3 Total Cache
レイアウトが大幅にズレたりJSが機能しなくなったりとエラーが大量に出たので使用せず。
CloudFlare
こちらはプラグインでは無いですが、DNSエラーが頻繁に起こり、動作が不安定なので使用を止めました。
高速化プラグインで「これが正解です」という答えはありません。なので、ご自身のサイトにあっているかどうかは試してみるまで分からないことをご了承くださいませ。

WordPressで作る 今日からはじめるウェブサイト

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください