karita手挽きコーヒーミルで煎れてみた

2
185

出勤前、レンタルオフィスに立ち寄りブログを書く。ココには備え付けのコーヒーミルがある。自由に使って良い。

サイズは意外と小さく、手のひらに乗るくらいのサイズである。



棚の上にはコーヒー豆がビッシリ詰まった瓶が4個置かれている。

そのマメをコーヒーミルにセットする。そしてレバーを回転させる。ゴリゴリという音を立てながらほんのりとコーヒーの香りが漂う。このコーヒーミルは(Kalita)というメーカー。

挽き上がった状態。スプーン3杯位のマメでこれくらいの量になる。


挽いた粉をデロンギ ドリップコーヒーメーカー
にセットする。



水を入れ蓋を閉め電源をON



ゴボゴボっという音を立て、水が沸騰する。ポタポタとコーヒーの雫が滴り落ちてくる。水滴が垂れなくなれば完成である。一度にコーヒーカップ5杯分位の量が作れる。


朝の一杯。

手で豆を挽くことは面倒かもしれないが、やってみると意外と面白い。挽くときに手に伝わる感触も悪くない。

Kalita 手挽きコーヒーミル

2 コメント

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください