2013年12月20日

Mac 10.9MavericksのメンテナンスソフトONYXの使い方

定期的に行うMacのメンテナンスソフト
Onyxの使い方の紹介です。

年末になるに連れて徐々に忙しくなり
Macのメンテナンスに割く時間が
なくなりつつあります。
MacのメンテナンスソフトOnyxの使い方

ひさしぶりにOnyxを起動したら
10.9(Mavericks)では起動しなくなってました(;・∀・)

そういえば
10.8→10.9にしてから
一度もOnyxを立ち上げてなかったっけ。。。
1MacのメンテナンスソフトOnyxの使い方

ではOnyxのバージョンを上げたいと思います。
ダウンロードページに行きます。
MacのメンテナンスソフトOnyxの使い方

ダウンロードしたら
アプリケーションフォルダにある、旧いOnyxに
上書きします。
MacのメンテナンスソフトOnyxの使い方

Onyxの起動画面です。
ちょっと、アイコンの感覚が広くなった感じがします。
MacのメンテナンスソフトOnyxの使い方

【Command+、(カンマ)】をおして
環境設定画面を開きます。

念の為にアップデートを確認の所に
チェックを入れました。
MacのメンテナンスソフトOnyxの使い方

Onyxを起動すると
『アクセシビリティ機能を使用してこのコンピュータを
制御することを求めています。』
と表示されるので
【システム環境設定】を開きます。
MacのメンテナンスソフトOnyxの使い方

【セキュリティとプライバシー】をクリック
MacのメンテナンスソフトOnyxの使い方

【プライバシー】のタブをクリックしたら
左下の鍵のマークをクリックして、ロックを解除します。

Onyx.appにチェックを入れて準備完了
MacのメンテナンスソフトOnyxの使い方

Macのメンテナンスは
Onyxの【自動実行】でほとんど賄ってます。

『SMART状況』
『起動ボリュームの構成』
の検証は時間がかかりますが
自動実行ボタンをクリックしたら

出かけるなり
風呂に入るなりしていれば
終了してます。

自動実行後は再起動が必要になります。
MacのメンテナンスソフトOnyxの使い方

ディスクの検証も同時に出来るので
トラブルの早期発見にもなって
良いと思います。

Mac Pro ゴミ箱


この情報を共有する

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...