iRigを使いベースとMacを接続する方法

0
912
モニタスタンドにiRigを固定

賃貸での騒音対策

戸建てや壁の厚い部屋だったらアンプからベースの音を出せるが、いかんせん賃貸だと普通にアンプから音を出すと住人に迷惑がかかる。

MacのGarageBandを使ってDTMみたいなことをやりたいという理由もあるが、騒音対策も兼ねてMacとベースを繋ぎイヤホンでベースの音を聴く事にした。

Macとベースを接続

Macとベースを接続するのに使ったアイテムは【iRig HD 2】というオーディオ・インターフェース。MacよりもiPhone、iPad、Androidに接続する方法を紹介する記事が多い。

なかなかMacとベースを接続する方法がみつからなかったので、この記事で紹介したい。

MacとiRigだけでOK

用意するものはiRigだけ。iRigにもいろいろ種類がある。私が購入したのは【IK Multimedia iRig HD 2】という商品。

あとは、シールドとイヤホン。

Macとベースを接続するアイテム

iRigにシールド、イヤホン、USBを繋いだ状態。

iRigにシールド、イヤホン、USBを接続

シールドとiRigを接続。

iRigとシールドを接続

USBによる電源供給

イヤホンとUSBをiRigに接続。Macから電源供給可能なのでバッテリーの心配はいらない。

iRig・イヤホン・USBを接続

Macに繋げば自動で入出力先として【iRig HD2】が選択可能になる。別途ソフトウェアのインストールは必要ない。

Mac音声入力・出力の認識

ちなみにiRigにはUSB(micro)とiPhone・iPadに接続するためのLightningケーブルも付属する。

iRigのコントロール

iRigの側面部分。ボリュームコントロールと「THRU FX」

「THRU FX」はベース(ギター)の信号をギターアンプへ送るためのものらしいがアンプもエフェクターもMacで扱うので出番はなさそうだ。

iRigのボリュームコントロール

反対側は「GAIN」コントロール。これを調節するとボリュームも上がるが同時に歪もでてくる。

iRigのGAINコントロール

iRigの背面にはベルクロテープを通す隙間がある。

iRigの背面

モニタスタンドのアームの出っ張りに付けてみた。

モニタスタンドにiRigを固定

机の上がスッキリする。

モニタスタンドにiRigを固定

iRigをMacに繋いでベースの弦を弾くとランプの色が変わる。

  • 青:スタンバイ(電源ON)
  • 緑:信号(弱)
  • 黄:信号(中)
  • 赤:信号(強)

ベースの入力信号の強弱で変わる色

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください