2013年12月10日

X-E2のバッテリーケースを作ってみた【その1】

X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた
X−E2を外に持ち出す時は
予備バッテリーは必須です。
予備バッテリーが2つ入る
バッテリーレザーケースを自作してみました。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

まずは型紙を作ります。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

折って型を付けます。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

バッテリーを2つ重ねあわせて型を取り
型から糊代の分、約8mm程外側をカッターで切ります。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

型紙に合わせて革を裁断していきます。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

革生地の裏面が表に出ないように
革の表面を重ねあわせます。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

糊でくっつけます。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

糊で革を合着させた直後は
グニャッと革が曲がった状態になりますが
伸ばせば元通りになるので大丈夫。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

30分程放置
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

外側から5mmほどの所に
糸を縫うガイド線を引きます。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

ガイドにそって穴を開けます。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

糸にワックスを塗って
グルっと一周縫います。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

革と革の付け根部分は上をまたいだ状態で縫うと
より強固になります。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

縫合完了
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

裏はこんな感じです。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

ボタンを付ける穴を開けます。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

ボタンは裏部分と表部分に
パーツが分かれてます。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

専用の工具で穴に合わせて
上から金槌で叩くとくっつきます。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

表面のボタンを付けます。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

ボタンの表部分は
凸んだ工具で叩きます。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

ボタンが付きました。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

革の角を丸めました。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

フタの角も丸めてみました。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

完成に近づきました。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

次回はこのケースにベルトを通すパーツを
つけていきたいと思います。
X−E2のバッテリーケースをレザークラフトしてみた

X-E2のバッテリーケースを作ってみた【その2】
に続きます。


X-E1 X-E2互換予備バッテリー

レザークラフト スターターキット




この情報を共有する

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...