RICOH銀座クリスマスイルミネーション撮影会に参加

0
24


銀座RICOHのワークショップ講座
写真家の鶴巻育子氏による イルミネーション撮影講座に
参加してみました。
講座内容はGRの基本的な操作方法
ホワイトバランス、ISO、シャッタースピード、露光
ピクチャーエフェクトを使い分けて写真がどう変化するかを知ります。
構図の取り方をどう工夫するかも教わります。
ひと通り撮影法を学んだら撮影をし出かけます。
鶴巻氏はGR DIGITALのリコー GR DIGITAL IV パーフェクトガイド にて
多重露光テクニックを紹介してましたので、この講座に参加するのが楽しみでした
撮影に出かける前に、デモンストレーションにて
その場で多重露光撮影を教えてもらいました。
その場で撮影した写真です。
試しにメモ帳を撮ってみたら
微かにホワっとした感じで撮影できました。
残念ながら、外に出て撮影した際に
多重露光で撮影するのをすっかり忘れていたため
多重露光写真はこの1枚だけに。
次の撮影会は、多重露光に専念しようと思います。

リングキューブを出てすぐ撮影した写真です。
ブリーチバイパスの寒色・ホワイトバランスを蛍光灯で撮影。
とても青白く映るので面白い写真です。
冬の空気が伝わってきそうです。

GR DIGITAL ⅣはF1.9なので
とても明るいレンズです。
暗い場所で、フラッシュを使わなくても明るい写真が撮影できます。
露出を上げるとシャッタースピードが遅くなるので
脇・腕・体を動かさいように固定します。
もしくは近くの電柱や地面にカメラをくっつけて固定して
撮影するのもありです。

シャッタースピードを下げ
動いている人と、止まっている人を撮影すると
こんな感じになります。
動きを出すと面白い写真になります。

ピクチャーエフェクトをブリーチバイパスにし
詳細設定で【寒色】にすると、同じ場所でも
全く異なった雰囲気で映ります。
ブリーチバイパスは寒色以外にノーマルと暖色があります。

偶然、通りがかった和服を着ている女性
ツヤツヤした素材だったので、その光沢を残したいと思い
露出を下げ、白黒モードで撮影

背景に通行人をいれてもいいですね。

特大のクリスマスツリー前に飾られた花
マクロモードで撮影し、背景をぼかします。

ホワイトバランスを蛍光灯にして
Cartierを撮影
冬の感じが増します。

BVLGARIのお店は一際目立ちます。
ホワイトバランスを曇天
ブリーチバイパスの詳細設定で【暖色】に設定すると
ゴールドのようなキラキラした感じになります。

ウィンドウショッピングを楽しまれる方

もうちょっと露出を下げても良かったですね

品評会で提出した1枚
何か、インパクトのある写真が撮れないかなと思い
ハイコントラスト白黒でメリハリを付けました。

限られた時間の中で撮影すると
集中力が増します。
いつもより少ないシャッター数で
割りと良い写真が撮れた撮影会でした。
次回は多重露光を活用して撮影会に挑みたいと思います。


コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください