WordPressのhk exif tagsで呼び出せる項目を追加する方法

0
223

写真をアップロードした時に画像のメタデータ(EXIF)を自動表示してくれる便利プラグインHK EXIF TAGS

このプラグインを有効化させるだけで、カンタンにカメラや使用レンズ、絞り、ISO情報を表示できます。(下の画像参照。)しかし、デフォルトでは

  • カメラ
  • レンズ
  • F値
  • シャッタースピード
  • ISO感度

しか表示できません。

ここにフィルムシミュレーションを表示させる方法は無いかと模索してました。

ネットで調べていると、上記の5項目以外にも使用できるExif関数が有ることを知りました。

参考サイト:https://wpengineer.com/2103/the-wordpress-exif-meta-datas/

  • created_timestamp
  • copyright
  • credit
  • title
  • caption

使用したいものを表示させたい部分に追加します。

写真管理ソフトApertureにて【大見出し】項目にフィルムシミュレーション名を追加

画像のメタ情報titlePROVIAが追加されます。ライトボックスエフェクトを表示しながら従来のEXIF情報にフィルムシミュレーション名が表示されました。

参考ページ:フィルムシミュレーションを比較してみた

追加表示させたい項目があれば、EK EXIF Tagsのプラグインをカスタマイズしてみてくださいね!

いちばんやさしい WordPress の教本

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください