なぜ痩せても更に痩せ続けるのか。プロテインダイエット6ヶ月後レビュー

0
57

明治プロテインを飲み続け約半年経過しました。現在はプロテインダイエットを飲むことを止めてます。なぜなら、1日2食で生活できる状態になったからです。プロテインダイエットは1日3食の内、一食をプロテインダイエットに変えるというダイエット方法です。
朝と昼は通常通り食事を摂り、夜だけプロテインダイエットを飲むという生活を繰り返します。プロテインダイエットの摂取カロリーは粉末と牛乳で1食(25g)約180kcal(低脂肪加工乳200mlで飲んだ場合)です。

プロテインダイエットを始めた頃は腹が空いて眠れない日がありました。しかし、数ヶ月が過ぎたころ生活に変化が起こりました。完全に夜型が朝方の生活に逆転しました。今までは8時前後に起床してましたが最近では遅くても6時半までには起きれるようになってます。
もしかすると、ダイエットをしたことで得られた一番の恩恵は早起きできるようになった事かもしれません。空腹の状態で寝るとなぜ、早起きできるのか理由はわかりません。今では土日でさえ早起し、ブログを書いたり早朝スナップを撮りに出かけられるようになりました。

体重がどの様に変化しているかレビューしてみます。

2014年3月28日時点の体重とBMI。高校時代の体重に戻りました。

体重:55.4kg(身長173cm)



最も体重が低かったのは2014年2月20日

体重:53.5kg



プロテインダイエット開始時2013年9月28日
今よりも6kg以上重いです。

体重:61.8kg



続いて、体脂肪率です。Withings WS-50体重計は体重以外に体脂肪率もPCのブラウザやスマホアプリで自動記録、確認できます。2014年3月29日現在

体脂肪率:12.1%



最も体脂肪率が低かったのは2014年2月24日

体脂肪率:10.7%



プロテインダイエット開始時2013年9月28日
今よりも4%以上あります。

体脂肪率:16.6%

ダイエットは単純に『痩せるだけ、見た目がスリムになるだけ』ではなかったことを実感しています。私の場合はダイエットを通して朝方の生活になり、日々の作業を朝完了できるようになりました。空腹が楽しめるようになったこと。それが痩せても痩せ続けられた要因だと思います。

【ダイエットの関連記事】

プロテインダイエット1週間後のレビュー

プロテインダイエット一ヶ月後のレビュー

iPhoneと連携できる体重計WithingsWS-50レビュー

体重・体脂肪・心拍数が図れるWithings体重計

体重管理を自動記録するアプリwithingsの使い方

2013年の買ってよかったものランキング1位:Withings WS-50体重計

明治 スマートボディ プロテインダイエット

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください