2012年11月26日

RICOHのギンザスナップワークショップに参加してみた

RICOH RINGCUBEの講師の一人、曽根 陽一氏による
ギンザスナップワークショップに参加しました。

撮影に出かける前に先生からレクチャーを受けます。
撮影のポイントは「ひかりを探そう」です。

GR Digital を持っていなくても貸し出しをしてくれますので
RICOHの機種(GR,CX,GXR)を検討している方は購入前に
カメラを借りてみてワークショップに参加するのもいいかもしれません。


参加者の中にGR Digital のホワイトモデルを
持参している方を見かけました


その方は、面白い使い方をされてました。
GR Digital に専用のフード&アダプター をつけると

こんな感じになるそうです。

通常は、このアダプターにレンズのオプションを付けるのですが
左手で押さえるパーツとしても使えるそうです。

銀座は東京都内でも電柱が無い都市だそうです。
銀座にはよく来るのですが今日まで電柱がないことに気づきませんでした。
写真のフレームに空を入れると良い絵になるみたいです。

このワークショップに参加した際に撮影した写真を紹介します。
写真をクリックすると大きな画面でご覧いただけます。


アップルストア銀座から出てきた方。
多分、袋の中身はiPadですね。



家族で銀座を練り歩く様子

足並みを揃えて

銀座1丁目の看板

ハイコントラスト白黒をMAXに設定
強烈な濃さです

歩行者天国には椅子が疎らに設置されます。
歩き疲れたらココで一休み

熱心に何かを熱く語る人

周辺減光を入れると
よりドラマチックな感じに


影で表現するのも楽しいものです。

親子の風景

中央の大きめのポスター広告

犬の散歩をしている人を多く見かけました。

ブリーチバイパスで撮影
露出をマイナス補正すると味が出ます。

ハイコントラスト白黒で撮影
足の影が強調されます

GR Digital画像エフェクトの
コントラストを強調すると
いい味が出ます。

銀座のリングキューブでワークショップが随時行われてるみたいです。

手軽に参加できていいと思います。



この情報を共有する

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...