iPhoneなくした!!という時に取るただひとつの行動

0
106

  • 出先でiPhoneなくしちゃった!
  • MacBookなくした!
  • iPodTouch,iPadなくしたー(´・ω・`)

なんてことはなきにしもあらずですね。

iPhoneをなくした時に取るべきたったひとつの行動をご紹介します。

  1. ネットに繋がっているPCを用意
  2. https://icloud.comにアクセス
  3. 【iPhoneを探す】をクリック
  4. 左カラムからiPhoneを選択
  5. なくした場所を確認

以上です。

以下、詳細

1、ネットに繋がっているPCを用意する。

知り合い、友人だれでもいいのでPC(Mac、Windows問わず)を立ち上げ
ブラウザ(IE、Firefox、Chromeなんでもいいので)起動

2、URLに直接【 icloud.com 】と入力→Enter

3,AppleIDとパスワードを入力

4、【iPhoneを探す】を選択

5,Appleのデバイスを選択すれば最後に電波を拾った場所が確認できます

※補足)ブルーの(i)のマークをクリックするとデバイスをどうするか選択できます


【サウンドを再生またはメッセージを送信】

・デバイスの画面にメッセージを表示させ、ピピピピっと大音量で鳴る音を
出すか出さないか選択できます


【リモートロック】

設定した暗証番号をしないとロックが解除できないようにします。


【リモートワイプ】

データの完全削除です。



【バッテリーがないか、無線につながってない場合】
(~時~分に位置を確認)という表示が出ます
右の(i)をクリック



【見つかったらメールで通知】をONにしておけば

AppleIDに登録してあるメールアドレスに発見された旨の通知が届きます



Appleデバイスがネットに繋がり、iCloudからデバイスにメールが送られ
拾った人がメールを開くと、メッセージが読まれた旨がメールで届きます



さらに、ネットにつながれば、GPSもしくは、Wifiの基地局からデバイスの位置が特定され、今ある場所を教えてくれます。
早速、”icloud.com/find“にアクセスし、どこにiPhoneやMacがあるのか調べてみましょう!!

iCloudのiPhoneを探すにアクセスし、なくしたデバイスをクリックすれば

場所が特定できます。

ちょっと、一安心ですね。



すかさず、発見していただいた方と連絡を取りましょう
デバイス名の右側の(i)のマークをクリックして【メッセージを送信】
※【サウンドを再生】を再生を(オン)にすると大音量でピピピピピッとなります。



以上です。

iPhoneをなくしても、GPSがついてるので遠隔から場所が特定できるので

安心ですね。

もしかすると、ソファーの下にiPhoneが隠れてるかもしれません。

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください