LionからMountainLionにアップデートしてみた。|その2

0
45



LionからMountainLionにアップデートしてみた。|その1の続きです。
MountainLIONのインストール準備が終わり再起動後30分ほど経過すると
ようやく、使用可能な状態となります。
ぱっと見変化はないように見受けますが
メニューバーに少し変化があったようです。

まず、右上に通知のアイコンが出現します。

・メール着信
・カレンダーの予定
をワンクリックで表示してくれます。
これは便利です。

【Sparrow】というアプリケーションをインストールしているのですが

許可を求めるアラートが出ました。



【Spotlight】のインデクシングが始まってました。
完了まで約、20分ほどかかります。



Macの詳細を確認すると、10.8にバージョンアップされてました。


App Storeからダウンロードされていないアプリは

システム環境設定から、【すべてのアプリケーションを許可】を選択しないと

起動できません。

LionからMountainLionにバージョンアップしたら、

許可の設定を忘れずに行なっておいたほうがよさそうですね。



また、気がついた変更点がありましたら、記事に載せたいと思います。


コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください