Eclipseで書いたJavaをSeleniumで実行【サンプルコード有り】

0
331

SeleniumをEclipseで実行する
前回の記事では
Eclipseで行うSeleniumの設定方法
ご紹介しました。
今回はJavaプログラムを書いて
実行するまでの過程を紹介します。

画面右側のエディタ(Sample01.java)を
編集できるような状態にします。

SeleniumをEclipseで実行する

下記のコード(オレンジ部分)をコピペします。

package com.html.sample;

import org.openqa.selenium.By;

import org.openqa.selenium.WebDriver;

import org.openqa.selenium.WebElement;

import org.junit.BeforeClass;

import org.junit.Test;

import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver;

public class Sample01 {

@BeforeClass

public static void Setup() {

System.setProperty(“webdriver.chrome.driver”, “./driver/chromedriver”);

}

@Test

public void test() {

WebDriver driver = new ChromeDriver();

driver.get(“https://www.yahoo.co.jp”);

// name の要素を検索

WebElement element = driver.findElement(By.name(“p”));

// 文字を入力

element.sendKeys(“今日の天気”);

// フォームを送信

element.submit();

//ドライバ終了

driver.quit();

}

}

コピペできたらメニューから【実行】してみます。

SeleniumをEclipseで実行する

Chromeが自動で起動します。
Seleniumの動きとしては
driver.get(“https://www.yahoo.co.jp”);
で『ヤフーを開く』SeleniumをEclipseで実行する
WebElement element = driver.findElement(By.name(“p”));
で『検索窓のname属性を探す(指定する)』

SeleniumをEclipseで実行する

先ほどの動作で
name属性の場所に
element.sendKeys(“今日の天気”);
『今日の天気』と入力する

SeleniumをEclipseで実行する

検索する

element.submit();

ドライバを終了させる

driver.quit();

SeleniumをEclipseで実行する

という動きが自動実行できます。
if文を使って条件分岐をさせる動作や
繰り返し処理も手軽に作れます。
Seleniumに関する文献や記事は
なかなか見つかりませんが
海外のブログ記事などを読んで
メソッドを探しながら少しずつ
Seleniumに慣れていくと良いと思います
関連記事
Eclipseでjavaを書きSeleniumからChromeで実行する設定方法
スッキリわかるJava入門



Selenium WebDriver パーフェクトガイド

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください