kenko影とりで本当にフラッシュの影が取れるのか試してみた

0
81

フラッシュを使った撮影をすると

影がとても目立ちます。

事件現場の写真のような写りになってしまい

PCモニタで写真を見た時にガッカリした経験をされた方も

いらっしゃるかと思います。

なるべくお金をかけずに

フラッシュを使ってキレイに撮影はできないかと思い

kenko影とりという商品を試してみました。



専用のケース付きです。
コンパクトに収納可能です。

本体は3つ折りにしてたためます。

折りたたむと手の甲位の大きさになります。



広げるとこんなカタチに
お面位の大きさになります。

薄型広角レンズ E 16mm F2.8 SEL16F28

フィッシュアイコンバーター VCL-ECF1
を組み合わせた状態
これにkenko影とりを装着してみます。

真横から見た状態



撮影時は液晶ファインダーを覗きます



装着部分はゴム製になってますので
伸縮が可能です。
写真レンズはNEX49mmサイズですが
まだ余裕があります。



ちなみに
NEX50mm単焦点レンズ【SEL50F18】も装着可能です。

正面からみるとこんな感じです。
見た目はそんなに良くないかもしれません。

下記写真は影とりを使わずに撮影した写真と
使って撮影した写真を掲載したものです。
影とり不使用



影とり使用
かなり影が取れてます。

影とり不使用



影とり使用

影とり不使用

影とり使用



下記写真は
NEX50mmレンズを使って物撮りした写真です。
影とり不使用

影とり使用
下の影は取れませんが
上の方の影はうまくボカセた気がします。



使用してみた感想は
室内で広角で撮影するとき、威力を発揮する印象です。
しかし、外での撮影や物撮りする場合は
「なんとなく取れたかなー」という印象です。
まだ、人物を撮影して試したことがないので
ポートレートの場合どう写真が映るか試してみたいと思います。


コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください