2012年8月15日

ギター・スタンドTAMA 839レビュー



ギタリスト必須アイテムギタースタンド
TAMA タマ ギタースタンド 839 のレビューです。

このギタースタンドの特徴はマイクスタンドと同じ構造をしている点です。
ギターを乗せるパーツやヘッドを固定するパーツの位置を微調整できます。

重量は結構重めで、地震などが起きてもピクリとも動きません。
安定感抜群です。

しっかりとギターを支えてくれます。

写真だとわかりにくいですが、ヘッド部分に
【TAMA】のロゴが入ってます。

このギタースタンドにARIA AGB-S ギタースタンドカバー を装着します。

そのままギターを乗せるとギターの塗装のラッカーとゴムが接触し
変色する恐れがありますので、写真のようなモフモフを装着して
ギターを保護します。

下のギターを載せる部分にもモフモフを装着します。

そうすることで、ギターの塗装を保護すると同時に
高級感も演出できます。

楽器やさんにおいてあるギターのような雰囲気ですね。

ギターはギターケースに収めるのではなく
いつでも弾けるようにギタースタンドにおいておくほうが
ギターにとっても幸せかもしれません。
以上、ギター・スタンドTAMA 839レビューでした。



この情報を共有する

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...