2014年11月7日

WP Ultimate CSV Importerの使い方

CSVファイルを使いWordpressに一括で記事を登録できる便利プラグインをご紹介いたします。
CSVファイルを使ったインポーターは【Wordpress CSV Importer】が最も有名です。しかし、使いやすさはWP Ultimate CSV Importer Pluginに軍配が上がります。

プラグインをインストール→有効かすると、メニューに【WP Ultimate CSV Importer】という項目が表示されます。

【Imports】→【Post】を選択。

【Browse】をクリック。

サンプルとしてCSVファイルを作成しました。エンコーディングはUTF-8で保存します。1行目がフィールド名。2行目からが値になります。

アップロードした記事を直ぐに公開するか、非公開にするか選択できます。

既存のフィールド名【post_title,post_content】の他にカスタムフィールドを独自に作ることができます。

【Import Now】をクリック。記事の登録が開始されます。

登録が完了しました。【WebView】をクリックしてみます。

こんな感じで反映されます。【参考記事】Wordpressのカスタムフィールドの追加と表示方法

カスタムフィールドは<?php echo post_custom('カスタムフィールド名'); ?>で表示できます。
この情報を共有する

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...