持ち運べるサブモニタThinkVision LT1421レビュー

2
225

ThinkVision LT1421 Wide モニター

土日の空いた時間、起業するためにレンタルオフィスにて朝から晩までコーディングに明け暮れている。

使用している道具はMacBook Airのみ。

自宅で使用しているiMacとは異なり、画面が小さい。

iMacの27インチ

MacBook Airの11インチ

作業効率は断然低い。

iMacであれば1画面にブラウザを2つ並べて表示できるが、MacBook Airだと1つブラウザを表示させただけで画面全体が占領されてしまう。

作業効率を上げるには大きなモニタを使うかデュアルディスプレイ化しなければならない。

というわけでMacBook Airで使用できるサブモニタの購入を考えた。

サブモニタの必要条件はこんな感じである。

  • MacBook Airで使用できる。
  • 持ち運びが可能
  • 11インチ以上
  • 予算1万〜2万弱

ネットでいろいろ探してい所、ThinkVision LT1421サブディスプレイ
という商品に辿り着いた。

ThinkVision LT1421 Wide モニター

この商品のスペック

  • 14型ワイドLED液晶モニター (対角355.6mm)
  • キャリング・ケースを同梱
  • 最大解像度 : 1366×768 (推奨最大解像度に同じ)
  • コントラスト比 400:1
  • アスペクト 16:9
  • 軽量 (モニター本体840g , キャリング・ケース約500g)
  • フォトフレーム型チルトスタンドで角度調節が可能 (後12°~40°)
  • USB 2.0インターフェース入力及び電源供給
  • ケンジントンロック用のスロット装備
  • 消費電力 : 標準4.2W、 最大5W
  • 本体カラー : 黒
  • 保証期間 : 3年

持ち運びに調度良く、バスパワー対応。
条件に当てはまる製品だ。

ThinkVision LT1421 Wide モニター

MacBook Air11インチとの大きさの比較

ThinkVision LT1421 Wide モニター

一回り大きい

ThinkVision LT1421 Wide モニター

厚みは1cmちょいくらい

ThinkVision LT1421 Wide モニター

ThinkVision LT1421 Wideモニターの裏面

ThinkVision LT1421 Wide モニター

スタンド付き。
これでモニタの傾斜を調節する。

ThinkVision LT1421 Wide モニター

明るさは背面のこのボタンにて調節する。

ThinkVision LT1421 Wide モニター

立てかけてみた。
小設計なのでスペースが狭い環境でも使えそうだ。

ThinkVision LT1421 Wide モニター

この製品には純正カバーが付属している。

ThinkVision LT1421 Wide モニター

広げた状態

ThinkVision LT1421 Wide モニター

工具などを使わなくてもカチッとはまる。

ThinkVision LT1421 Wide モニター

iPadのスマートカバーのようにカバーがそのままスタンドになる構造だ。

ThinkVision LT1421 Wide モニター

液晶の傾斜を調節したい場合はスタンドの形をこんな風に変える。

ThinkVision LT1421 Wide モニター

液晶モニタのスタンドを使って、溝に引っ掛けると

ThinkVision LT1421 Wide モニター

モニタをこの角度まで傾けられる。

ThinkVision LT1421 Wide モニター

持ち運ぶ時はカバーの蓋を閉じればOK。
なかなか便利である。

ThinkVision LT1421 Wide モニター



次の記事ではThinkVision LT1421 Wideモニターを実際に使ってみた感想を書きます。

【関連記事】

USBケーブル一本で稼働したサブモニタThinkVision LT1421

MacBook Airでモバイルサブモニタを使ってみた。

持ち運べるサブモニタThinkVision LT1421レビュー

MacBookAirの冷却ファンがうるさい時はパソコン冷却台を使う

iMacをサブディスプレイとして使う

ThinkVision LT1421サブディスプレイ

2 コメント

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください