WordPressのオススメでカンタンBackupプラグインを紹介!

0
17

Wordpress backup0
Wordpressで作成したサイトは
定期的にバックアップを取っておいたほうが良いです。

うっかりディレクトリごと削除してしまったり
必要な記事を丸ごと削除してしまったり。。。
100%間違った操作は起こさないとは言い切れません。
転ばぬ先の杖
Wordpressのオススメのバックアップ方法を紹介します。
”BackWPup”というバックアッププラグインを使います。
検索窓から『BackWpup』と入力して検索してみてください。

Wordpress backup1
上位にインストールするプラグインが表示されます。

Wordpress backup02

BackWpupを日本語化する際は

こちらのサイトを参考にすると良いでしょう。
日本語化に成功するとメニューの一部が日本語化されます。
Wordpress backup3

まず初めにメニューから

『Add New Job』を選択

Wordpress backup5
『General』のタブをクリックし
下の画像のように『ジョブ名』に適当な名前をつけ
『Job Tasks』に全てチェックを入れます。
詳細は画像をご参照ください。

Wordpress backup8

このプラグインの使い方を紹介したサイトを見ると

『DropBox』へバックアップをする方が多くいるようですが

私の場合、容量が多くDropboxが容量オーバーになってしまうため

WEBサーバーにバックアップを取るようにしました。

サーバーに保存する場合は

『フォルダへのバックアップ』にチェックを入れます。

ログを出力したい場合は

メールアドレスと件名を入力

Wordpress backup9

スケジュールはマニュアルでバックアップを取ります。

Wordpress backup11

『DB Backup』 の項目は全てにチェックを入れます。

Wordpress backup12

『Files』に関しては

除外するものはチェックを入れ

必要な物はチェックを外します。

ディレクトリまるごとバックアップを取る時は

親ディレクトリ以外のチェックを外したままでOKです。

Wordpress backup13
『XML export』のタブでは
『All content』を選択します。

Wordpress backup14
『Plugins』ではそのままでOK

Wordpress backup17
『DB Optimize』もそのままでOK

Wordpress backup18
『DB Check』もそのまま

Wordpress backup20
『To:フォルダ』では任意で
保存するバックアップファイルを置く場所を指定します。
その下の数字(5)は
最大バックアップ数です。

Wordpress backup23
wwwの下にバックアップ専用フォルダを作りました。

Wordpress backup1

さて、バックアップの下準備は完了

早速バックアップを取ってみます。

メニュー項目から『ジョブ』を選択

Wordpress backup2
バックアップ名の下の方をマウスオーバーさせると
『Run Now』というテキストが表示されるので
クリックします。

Wordpress backup4
バックアップが開始されます。

Wordpress backup6

バックアップ中『Display working log』をクリックすると

Wordpress backup8
logを確認することが出来ます。

Wordpress backup9
なにも問題なければメーターが100%になり
バックアップが完了します。

Wordpress backu20
バックアップフォルダを見ると
バックアップされているのが確認できます。

Wordpress backup22
バックアップを取っておけば
万が一の時も安心ですね。


// ]]>

// ]]>
// ]]>
// ]]>

// ]]>
// ]]>

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください