2013年12月30日

富士フィルムX-E2で撮影した食べ物の写真

x-e2で撮影した食べ物の写真
X-E2を使って撮影した食べ物の写真を
掲載しました。

食べ物の写真はホワイトバランスが合っていないと
美味しそうに写りません。

X-E2のホワイトバランスの設定は
いつもオートで撮影しています。
x-e2で撮影したつけ麺の写真

X-E2の前に使っていたカメラは
蛍光灯や電球の環境では
ホワイトバランスが合わず
ホワイトバランスをオートに設定すると
美味しそうに食べ物が
撮影できませんんでしたが、
シュークリームの写真


X-E2だとホワイトバランスオートでも
食べ物が見た目と同じように
きれいな色で写せます。
ラーメンの写真

『富士フィルムのカメラは発色がキレイ』
とか
『JPG撮って出しがキレイ』
というコメントをサイトで良く見かけます。

撮影した後にPCモニタで確認すると
フジの色の良さを実感できます。
X-E2のロールケーキ撮影写真


私がいつもホワイトバランスを
オートで撮影してるのは
都内の家電量販店にて、とある写真家が
X-E2の色についてこう述べてました。
『オートホワイトバランスが優秀で・・・』みたいな事を。
まぐろバーガー

その話を聞いた当初は
「マジかよ?」と疑ってましたが
マジでした。
ピザの写真

写真を撮影するときに
ホワイトバランスを変えずに済む
というのは、とても楽です。
築地のぼんじり丼

色の変化でカメラの設定を変えるものといえば
フィルムシミュレーション位ですね。

①風景:Velvia(ビビッド)
②人物:Pro Neg,St/Hi(人肌に最適化された色)
③その他:Provia(ノーマル)

私はこの3種類くらいしか使ってません。
Velviaで撮った写真

また、高感度耐性もほとんどノイズが出ないので
暗い場所での撮影も安心です。
X-E2の高感度写真

シャター音がとても小さいです。

静かなカフェでX-E2を使っても
周囲の方に迷惑をかけずに済みます(^^)
カフェの写真

色と明るさを適正に記録できれば
PCで補正しなくてもJPG撮って出しで
十分なキレイな写りになりますね。
ガラス越し

細部にフォーカスを合わせたい時も
ファインダーとマニュアルフォーカスを使って
ピントをしっかり合わせられるので楽です。
富士フィルムX-E2

年末年始
食べ物を撮影する機会がたくさんありそうです。
ネタが集まったら、また掲載しようと思います(^^)

富士フィルム X-E2本体 ブラック


もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ



この情報を共有する

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...