2012年10月11日

【腰痛対策!】椅子の上に乗せるシートBackjoy PostureとMini



私自身、半年ほど前から腰痛に悩まされており
数々の腰痛グッツを購入し試しました。

その中のほとんどは効果がなく
腰痛は軽減されませんでした。

そんな中、フラッと立ち寄った東急ハンズで発見した
腰痛対策マット

試しに腰痛対策シートを椅子の上に載せて
座ってみると、腰の痛みを感じることなく
凄く楽に座れました。

今まで使ってきた腰痛シートは、一体何だったのだろう
と思うくらいに気持よく座れる感覚でした。

この腰痛シート
店員さん曰く
「椅子に座り続けているゲーマーから口コミで人気」
とのこと。

私はゲーマーではないですが
会社と自宅と電車の中で1日合計10時間近く
椅子に座った状態です。

とりあえず、Lサイズ(BackJoy Posture+)を自宅用
Mサイズ(Backjoy Mini)会社用を購入。

半年間ほど使ってみてLサイズだと
ちょっと大きく感じ始め
新たにMサイズ(Backjoy Mini)を購入

写真ではMサイズ(Backjoy Mini)だと
【ジュニア・女性用】と表記してありますが
男性でも小さいほうがシックリ来る場合があるので
店頭に行って実際に座ってみて
確認することをおすすめします。


写真左【Mサイズ(Backjoy Mini)】
写真右【Lサイズ(BackJoy Posture+)】


LサイズとMサイズを重ねた状態
Lサイズ(BackJoy Posture+)の方が一回り大きめ


椅子の上に載せた状態

写真のBackjoyは半年間使用したものです。
シートの先端部分が下に湾曲します。


Lサイズを椅子の上に乗せた状態


新品の時はシートの先端は真っ直ぐな状態です。


シートの表面を拡大して見てみます。
表面の種類は2種類あり
下の写真はゴムの様な素材
やや弾力があります。

下の写真はポリウレタン製
ゴム製のものに比べて滑りが良くツルツル滑り
お尻が安定しないため、上記のゴム製の方を
おすすめします。

本体にはマニュアルが付属してます。
しかし、全てローマ字

イラストを見てなんとなく理解します。

シートの使い方
椅子の座り方の詳細

本体表面に貼ってあるマニュアルは日本語で書かれてるので
こちらを読んで使い方を理解します。


小さく軽いので旅行などのお出かけに
持ち運べそうです。

腰痛でお悩みの方は試してみる価値有りです。



この情報を共有する

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...