2015年1月1日

iPadをMacのサブディスプレイにできる【duet】を使ってみた


明けましておめでとうございます。今年もやってみたこと気付いたこと、買ってみたものなど色んな事を記事にまとめます!

新年一記事目はiPadをMacのサブモニタとして使えるアプリ【duet】の使い方、使い心地をレビューします。

duetを使うためにはMacとiPadにduetアプリをインストールする必要があります。MacはDuet Displayからユーティリティーをダウンロード。

アプリを起動したら再起動します。

メニューバーにduetのアイコンが表示されたらMacの準備は完了。

MacとiPadをUSB接続します。

iPadはduetのアプリをインストールします。有料アプリです。1500円と少々高額。

iPadでduetのアプリを起動します。【Got it】をタップ。


iPadがMacのサブモニタになりました。

iPadが通常の外部ディスプレイとして機能してます。

iPadの画面解像度は3種類から選択できます。
  • Regular
  • Retina
  • High Resolution


下の画面はRegularサイズの解像度。文字は大きめ。

High Resolutionに設定。iPadの画面の解像度が変わらない場合は、Macから画面設定を変更する必要があります。

2028 X 1536を選択。

MBA11インチと比較してみました。高解像度のiPadだけあって表示領域はかなり広くなります。

使ってみた感想

  • duet使用時はMac、iPadともに動作がもっさりする。
  • 想像していたよりも滑らかではない。
  • マウスポインタがカクカク動く。
  • CPUを多く消耗するため、Mac本体が暑くなりファンが高速で回り出す。
  • iPadをサブモニタとして使う利点はそれほど無い。
以上です。
Macの動作が重くなるのはスペックの問題もあるかもしれません。iMacでも試してみようと思います。

この情報を共有する

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...