2015年1月6日

AirDropの使い方


iPhoneやiPadなどのiOS端末から写真などのファイルを送る時は、メールよりもAirDropを使ったほうがスピーディ且つカンタンです。

AirDropを使ってiPodTouchに保存されている写真をMacに転送してみました。

写真アプリを立ち上げ転送する写真を選択。アクションアイコンをタップすると【AirDrop】のマークが表示されます。

iCloudにログインしているユーザーが表示されます。

Macに送信されたファイルは【ダウンロード】フォルダにあります。

大きめのファイルですがパッと送れました。メールよりも速いです。

今までGoogleドライブやDropBoxでファイルの転送をしてましたが、AirDropの方がカンタンなので使う機会が増えそうです。

この情報を共有する

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...