2014年11月4日

Macが熱暴走するときの原因と対処法

MacBook Airを使用している最中に本体が熱くなる時があります。重いアプリケーションやブラウザのタブを複数開いている場合は仕方ないですが、アプリを何も起動していないにもかかわらず、Macが熱暴走する場合があります。

アクティビティーモニタでCPUの使用率を調べてみたところ、『mdworker』という項目がTOPに表示されてました。しかも複数あります。

『mdworker』というキーワードで検索してみたところCPUを使用していないものも含めると10個以上ありました。これは不自然ですね。

mdworkerが原因でCPUの占有率は、ほぼ100%に到達。

ネットで「mdworkerとは何なのか」調べてみたところ、Macの検索システムSpotlightがファイルをインデックスしているときにmdworkerが走るそうです。

mdworkerの処理を消す方法はSpotlightを無効にすればOK。システム環境設定から(Spotlight)を選択。

(プライバシー)のタブを選択し、左下の+ボタンをクリック。

ハードディスク を選択します。ハードディスクの名前を変更していない場合は「Macintosh HDD」と表示されてます。

OKをクリック。

プライバシーにMacのHDDが追加されました。

「mdworker」が消えCPUは10%台に下がりました。

Spotlightの代用としてLaunchBarをしようしてます。LaunchBarにかんしてはこちらの記事を参考にどうぞ!

この情報を共有する

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...